Solution

Solution

国際疾病分類学会
   Japan Society for ICD Management:JSIM

設立に際して
    
 様々な技術の進歩と主に医療を取り巻く環境が高度専門化していく中で、私たちは医療行為の適正な評価に対するニーズに注目致しました。

 2000年4月の診療報酬改正により「診療録管理体制加算」が認められ、厚生労働省が日本版疾病分類別包括払い(DRG/PPS)である診断群分類包括評価(DPC=Diagnosis Procedure Combination)を取り入れました。
これを行うには国際疾病分類(ICD= International Classification of Disease)に基づいたコーディングが必要不可欠になります。そこで、平成14年に国際疾病分類を通じて医療の質の向上と発展に寄与することを目指し、学術的な国際疾病分類の知識と技術の発展を目指した国際疾病分類学会を設立するに至りました。

 本学会では国際疾病分類(クリニカルコーディング)の技術の発展と知識の普及、国内外 の情報交換を通じて皆様と共に日本の医療の発展を目指して活動していきたいと思います。



     

            国際疾病分類学会理事長  
 神津 仁   






このページに対するお問い合わせは まで
PAGE TOP